« フリースキーの3Dエア入門はコークスクリュー720 | トップページ | フリースタイルスキーのグラブトリックの種類 »

2013年3月 5日 (火)

フリースタイルスキーの横回転の基礎は360(ヘリコプター)

フリースタイルスキーにおけるエアーの基礎技術は
なんといっても横回転系、そのなかでも360は重要な技術となります。

トリックを行う際は

ゴーグルをしっかりと装着しておきましょう

また、天候に合わせたレンズカラーを使用する事で

周囲の視界が良好になり、トリックの制度も上がります。

ゴーグルのレンズカラーについてはコチラ

まずキッカーのリップに向かうまでに
予備動作ともいえるタメを作ります。

この予備動作を無くして飛び出すと回転が安定せず
綺麗に回りきる事ができません。

左回転をする場合なら左手を右脇腹
右手は背中付近に持って行っておきましょう。

そこからキッカーのリップ付近に来た瞬間に
手を振りながら膝を伸ばし飛び出します。

目線はスキー板のテールを見るようにします。
そして視界に着地点が見えて来たらそこで目線を固めます。

目線を固定すると回転が止まるので
膝を優しく使ってランディングしましょう。

360などをベースとした横回転系は
目線が変化するので恐怖心を感じる人が多く居ます。

まずはスキー板を外した状態で
スキーブーツのみ履いて地面で回転する練習をします

もちろん上に書いた様な事を意識して行いましょう。

このような練習を地面で行ってみると
思いのほか体の予備動作が重要である事に気がつきます。

スニーカーとちがってフリースタイルスキーブーツは
重さもさることながら、前方向へまったく曲がりません。

そのため足を使った回転が難しく
スキーと日常の大きな違いを感じられるはずです。

キッカーで飛ぶ際には
回ろう回ろうという意識が強くなってしまいますが
回ろうと思って首を回しすぎてしまうと
下半身と上半身に逆方向の力がかかるため
ブーツと板の重みに負けて、上半身が途中で逆回転を始めます。

ポイントは予備動作からの踏切までに力を加えて
リップからスキー板が浮いたら後は勝手に回転してくれるのを待つ事です。

« フリースキーの3Dエア入門はコークスクリュー720 | トップページ | フリースタイルスキーのグラブトリックの種類 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1858720/50047768

この記事へのトラックバック一覧です: フリースタイルスキーの横回転の基礎は360(ヘリコプター):

« フリースキーの3Dエア入門はコークスクリュー720 | トップページ | フリースタイルスキーのグラブトリックの種類 »

無料ブログはココログ