トップページ | フリースタイルスキーの横回転の基礎は360(ヘリコプター) »

2013年3月 5日 (火)

フリースキーの3Dエア入門はコークスクリュー720

フリースタイルスキーの花形と言えばキッカーでのエアです。
そのなかでも3Dと呼ばれる軸を持ったエアートリックは人気ですが
難易度だってそれなりに高いのが特徴です。

スキーのジブトリックについて知りたい方はコチラ

ではその3Dエアに挑戦する際
どんなトリックが一番入門的なのかというと
コークスクリューの720が元も代表的なトリックと言えるでしょう。

コークスクリュー720という呼び名の
フリースタイルスキートリックは
飛び出し時の抜き方向を通常の720と変えるだけの
そこまで難易度が高くないトリックとして知られています。

その練習法としてはまず
コーク軸を優先した360を成功させましょう。

まずキッカーのリップを踏み切る際に
視線をフリースタイルスキー板のテールへと向けます。

動きとしては、回転方向の手で
後ろのビンディングを払うようなイメージです。

しかしここで余りに強く軸を傾けてしまうと
360の間に戻ってくる事ができません。

飛び出しが始まったら
からだを小さくまとめましょう。

回転軸をずらして飛び出すので
空中での体制もズレ易くなるのが3Dエアーの特徴です。
なので、後ろのビンディングをお尻に付ける様なイメージで
足を引きつけて小さくまとまると回転し易くなります。

180になるあたりでは
完全に顔が雪面を捉えているはずです。

そのままの軸で回してしまうと
360になるころには背中で雪面に落下していしまいます。

雪面から目を離さないようにして回転を止め
少し体を開いて軸を戻します。

自然な回転に逆らって降りる事になるので
着地は少し窮屈なかんじがするかもしれませんが
コークスクリュー360はそれで正解です。

そこからさらにコークスクリュー720に体を持って行く場合
360から目線をそのまま板のノーズに持って行き540の時点で
目線を雪面に移動させます。

トップページ | フリースタイルスキーの横回転の基礎は360(ヘリコプター) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1858720/50043376

この記事へのトラックバック一覧です: フリースキーの3Dエア入門はコークスクリュー720:

トップページ | フリースタイルスキーの横回転の基礎は360(ヘリコプター) »

無料ブログはココログ