« フリースタイルスキーの横回転の基礎は360(ヘリコプター) | トップページ

2013年3月 5日 (火)

フリースタイルスキーのグラブトリックの種類

フリースタイルスキーのエアートリックのなかでも
まず最初に手を出すであろうトリックがグラブです。

グラブというのは板、もしくはブーツを
キッカーから飛び出した後に掴むトリックを言います。

多様化するスキーの種類を学ぶならココ

その掴み方を変える事で名前が変わり
飛んでいる時の形や難易度も変わってきます。

それでは種類と方法を紹介します。

最も簡単とされているグラブがセーフティグラブです。
右手で右足もしくは左手で左足のブーツ付近の板を握る事を言います。

そして最もポピュラーなグラブがミューとグラブです。
グラブする手と反対側の板を握るグラブトリックを指します。
フリースタイルスキーの板が交叉するので格好良く難易度のひくいトリックです。

ジャパングラブはグラブする腕をふともの下から通して
阪大側の板を握るトリックを言います。
スタイリッシュなトリックとして多くのプロライダーが使っています。

フリースタイルスキー板の後方部分を握ると
テールグラブという名称になります。
スキー板のノーズが下に下がる為
恐いと感じる人が多いので目立つトリックです。

両手で板を握るダブルグラブというトリックもあります。
板を持つ部分で体の形が変わりますが、総称してダブルグラブと呼びます。

反対側の板を握るグラブの際に
インエッジではなくアウトエッジまで手を伸ばして握ると
スティールという名称が追加されます、スティールジャパングラブが人気です。

エアー中に上体を海老反りにしてグラブすると
メゾットグラブというトリックになります。
体の動かし方が大きいので格好良く目立ちます。

« フリースタイルスキーの横回転の基礎は360(ヘリコプター) | トップページ

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1858720/50052455

この記事へのトラックバック一覧です: フリースタイルスキーのグラブトリックの種類:

« フリースタイルスキーの横回転の基礎は360(ヘリコプター) | トップページ

無料ブログはココログ